相模原市市制施行50周年記念アワード委員会
*
HOME > アワードの概要・規約


アワードの概要

 市制施行50周年を迎えアマチュア無線を通じて県内はもとより、日本国中や世界へ向けてアピールするとともに、アマチュア無線家として市制50周年をお祝いする事をアワード発行の目的としています。

 50周年にちなみ、アワード「市長賞」を2種類・各50枚、合計100枚発行予定です。


アワードの発行者

 50周年記念アワード委員会


アワードの種類・発行枚数

 市長賞(あじさい賞)  50枚

 運用局 50局からQSLを得る。
 記念QSLを1枚以上、または記念局QSLを含むこと。
 記念QSLは1枚で5局、記念局QSLは1枚で10局との交信に代用できる。


 市長賞(ひばり賞)  50枚

 運用局から得たQSLのテールレター
 記念QSLまたは記念局QSLを1枚につき何れか1文字に代用できる。


その他注意事項

 同一局との交信は、バンド・モードを問わず1回限りとする。

 昭和29年11月20日以降の交信から有効とする。

 クロスバンド、レピータによる交信は無効とする。

 記念QSL発行局、記念局は、市外運用も有効とする。

 記念局QSLは、QSL到着前でもQSO実績があれば申請可とする。
 (記念局のログと照合を行います)

 申請多数の場合は、消印日単位で抽選とする。


お問い合わせについて

 アワードに関する一般的な情報は、当ホームページ内に掲載しています。
 皆様から多く寄せられるお問い合わせについてはFAQのページで回答しておりますので、そちらもご参照下さい。


アマチュア無線
無線通信技術の商業利用が始まる前の時代ではグリエルモ・マルコーニに代表される個人の研究者が技術的興味を満たすために無線機器を作って無線通信を行っていた。つまりすべての無線がアマチュア無線だったのである。商業利用が始まってからも、無線通信技術の進歩にアマチュア無線家が果たした役割は絶大であった。特に当時は全く利用価値がないと思われていた短波帯を低電力で全世界と通信可能な周波数帯であるとが確認したことは、全世界の研究家たちの業績に他ならない。そのため、タイタニック号事件を契機として国際的なの枠組みが構築され、電波の国家管理が始まった後の時代においても、アマチュア無線の保護には格別の配慮が図られ、幅広い周波数帯の利用が認められた。現在でも、中波からマイクロ波までの様々な周波数帯がアマチュア無線に割り当てられている。アマチュア無線の楽しみ方としては、「ラグチュー」と呼ばれる雑談や、「DX」と呼ばれる遠距離通信、「コンテスト」と呼ばれる通信の競技会、「アワード」と呼ばれる条件を満たした通信を行うことでを得ることを目指すこと、などがある。他にも「QSLカード」と呼ばれる交信の記録となるカードを愛好家同士で交換・収集することも大きな楽しみのひとつである。wiki引用 日本でのアマチュア無線の歴史は、無線の実用化たる東京放送局(JOAK, NHKの前身)のラジオ放送開始に先駆けること数年、大正末期に「私設無線電信無線電話実験局」として認可されたときから始まる。当時の電波は国家に管理されており、と言えども私設局に過ぎなかった。昭和に入ると国家総動員体制に組み込まれていき、各地で「無線義勇団」「国防無線隊」が結成される。しかし1941年12月8日の太平洋戦争開戦に伴い、同日、私設実験局の運用は禁止された。再開されたのは、戦後独立を回復した後の1952年のことであった。その後は、高度経済成長と科学技術に対する国民の高い関心を背景として、日本のアマチュア無線は大いに発展し、1970年代には「趣味の王様」と呼ばれるブームとなり、1980年代にはアメリカ合衆国を抜いて世界最大のアマチュア無線人口を擁するに至る。

Copyright © 相模原市市制施行50周年アワード委員会 All rights reserved;