記念アワード

このホームページは相模原市の市制施行50周年を記念してアマチュア無線家向けに発行されるアワードに関する情報存続提供をしています。

 交信して頂いた各局に御礼申し上げます。

 1ヶ月間の総交信数5748局、QSLカードは全数発行・JARLへの発送を終了しています。
お知らせ
 委員会からのお知らせ

アワード情報
 アワード申請状況
 アワードの概要・規約
 記念QSLカード
 記念QSLカード販売ご案内

記念局 8J1II0
 記念局運用のご案内
 開局式のご案内
運用情報
記念QSL発行協力局リスト
記念局運用情報
移動運用情報掲示板

ダウンロード
記念QSL印刷定義ファイル
委員会からの各種案内文

関連リンク
  相模原市ホームページ
日本アマチュア無線連盟


お問い合わせ
よくある質問(FAQ)
  問い合わせ先と諸注意

協力・協賛
協力
協賛

実行委員会について
概要
活動状況  
無線通信技術の商業利用が始まる前の時代では、グリエルモ・マルコーニに代表される個人の研究者が技術的興味を満たすために無線機器を作って無線通信を行っていた。つまり、すべての無線がアマチュア無線だったのである。商業利用が始まってからも、無線通信技術の進歩にアマチュア無線家が果たした役割は絶大であった。特に当時は全く利用価値がないと思われていた短波帯を、低電力で全世界と通信可能な周波数帯であると確認したことは、全世界の研究家たちの業績に他ならない。そのため、タイタニック号事件を契機として国際的な枠組みが構築され、電波の国家管理が始まった後の時代においても、アマチュア無線の保護には格別の配慮が図られ、幅広い周波数帯の利用が認められた。現在でも、中波からマイクロ波までの、様々な周波数帯がアマチュア無線に割り当てられている。アマチュア無線の楽しみ方としては、「ラグチュー」と呼ばれる雑談や、「DX」と呼ばれる遠距離通信、「コンテスト」と呼ばれる通信の競技会、「アワード」と呼ばれる条件を満たした通信を行うことで、賞を得ることを目指すこと、などがある。他にも「QSLカード」と呼ばれる交信の記録となるカードを愛好家同士で交換・収集することも大きな楽しみのひとつである。wiki引用 日本でのアマチュア無線の歴史は、無線の実用化たる東京放送局(JOAK, NHKの前身)のラジオ放送開始にに先駆けること数年、大正末期に「私設無線電信無線電話実験局」として認可されたときから始まる。当時の電波は国家に管理されており、JOAKと言えども私設局に過ぎなかった。昭和に入ると国家総動員体制に組み込まれていき、各地で「無線義勇団」「国防無線隊」が結成される。しかし1941年12月8日の太平洋戦争開戦に伴い、同日、私設実験局の運用は禁止された。再開されたのは、戦後独立を回復した後の1952年のことであった。その後は、高度経済成長と、科学技術に対する国民の高い関心を背景として、日本のアマチュア無線は大いに発展し、1970年代にと呼ばれるブームとなり、1980年代にはアメリカ合衆国を抜いて世界最大のアマチュア無線人口を擁するに至る。各局にご申請頂きました、相模原市市制施行50周年記念アワード「賞」「ひばり賞」は、発行を完了致しました。不手際で発行に時間が掛かり、ご申請を頂きました各局には大変にお待たせ致しましたが、7月末に最終発行を致しました。ご支援・ご声援を頂きました皆さまに御礼申し上げます。

Copyright © 相模原市市制施行50周年アワード委員会 All rights reserved;